羊毛からフェルトを作ってみましょう (ハンドメイドフェルト)

フエルトの作り方の基本(平たいフエルトを作る)


市販のフェルトをつかった、ぬいぐるみやマスコットやかばんも良いですが、自分で羊毛からフェルトを作る事も出来るので挑戦してみしょう。

フェルトはなぜできるの?かと言うと、羊毛には私たちの髪の毛と同じで”キューティクル”という小さなうろこがあり、ぬるま湯につけるとこのキューティクルが広がります。
そこに洗剤などですべりを良くし、こすりあわせる事で羊毛の繊維がからまり、ふわふわの羊毛が絡み合い固くなって出来るのがフェルトです。

フェルトは羊毛を毛糸に紡ぐ前の”原毛(ふわふわな状態)”を薄く広げ、縦、横、縦、横、…と重ね石けん水をかけながら擦ったり押さえつけたりして繊維を絡ませ圧縮して作り不織布ともいわれています。


○用意するもの

<材料>
・羊毛(フェルト羊毛 汚毛 洗毛 カード済み羊毛 ふとん用羊毛綿)
 羊毛は束になっていろんな色が売っています。
 ※模様をつける場合、または羊毛を少量にしたい場合、毛糸を下地に使います。
・フェルト羊毛専用ソープもしくは、台所用洗剤やシャンプー
・固形石けん 石鹸(洗濯石鹸、粉石鹸、石鹸シャンプー等)
・机に敷くビニールシート
・こするときのビニール袋
・ひっくり返すビニール袋(切り開いて型紙の3倍くらいの大きさのもの)
・ネット (園芸用、網戸用、カーテンレース等で良い)
・めん棒
・タオル(余分な水分や泡を取ります)
・ハサミ

<道具>
・トレーまたは洗面器(平たいトレーの方が使いやすいです。)
・洗剤(食器用)1滴  ・網戸のあみ
・袋ものをつくる場合は型紙用の段ボール
・ビニール袋  ・ゴム手袋

<有ると便利なもの>
・500mlサイズのペットボトル
(あらかじめフタに目打ちなどで5〜6ヶ所穴をあけておきます)
・ 手の荒れやすい人は、使い捨てビニール手袋を使うとよい
・ ハンドカーダー、洗濯板、ネット

石けん水の作り方
??ぬるま湯(35〜40度位)を容器いっぱいに入れる。
??フェルト羊毛専用ソープ(ティースプーン1杯程度)を容器に泡立たせないよう、静かにかき混ぜる。
※中性洗剤水(台所用洗剤やシャンプー)の場合 1〜2滴入れ、ぬるま湯を静かに容器一杯に注いで作ります。

○手順

??羊毛を手でふんわりと薄くちぎります
※ハサミで切ると、切り口が真っ直ぐになる為、フェルト化しづらくなりますので 羊毛の両端を手で持ち、左右に引っぱってちぎります。      
※汚毛、洗毛を使い場合は、ハンドカーダー等でカーディングする。
 なお、汚毛と洗毛は混同せずそれぞれ別々に用いる。

??広く平らな場所に用意した大きなビニールシートを敷き、その上に作りたい形に、ちぎった羊毛を一段ごとに繊維を縦→横→縦と、方向を変えて交互に最低2回以上重ね合わせうろこの様に出来るだけ厚さが均等均一になるよう重ね並べます。

基本的に一層目の羊毛が作品の表面になりますが、模様をのせたい時は4〜6層縦・横に重ねていき、最後にのせると綺麗にしあがります。

ふとん用の羊毛綿を用いる場合は、希望の大きさより大きめにちぎり、繊維の方向を変えて重ねる。

何層重ねるかは作るものによって異なりますが、柔らかな手触りにしたい時は薄く、しっかりした作りにしたい時は厚くします。

羊毛はフェルト化すると縮みますので、大きく作っておきます
※縁や角の部分が薄くなりやすいので注意しましょう。


??重ねた羊毛の上に繊維がずれないようにネットをかけ、次に石けん水を全体が湿る程度にかけ手で押さえます。(石鹸を溶かすお湯は、60〜70°C位がよい)

ネットをそっとはずし、別に用意したビニールの半分を上にかぶせます。
この時羊毛の中に含まれる空気真を中から外に向けて丁寧に空気を抜きながら平らにしたら(まだ擦らない!)ビニール全体を持って裏返します。
こうすることで、羊毛の繊維がずれず裏返せます。

またこの時、ふちの羊毛を裏になる側へ折り返しましょう。

※手が荒れやすい方は、ゴム手袋をはめ普通の石鹸をその上に付け、原毛の上に押し付けて行く方法もお勧めです。

??両面をビニールで包んだら、手のひらで、羊毛がずれない程度に力を入れて円を描くように動かして摩擦しはじめます。

この時、原毛がよれないように、ネット状の布をかぶせると楽に擦れます。
水よりぬるま湯の方がフェルト化が速く進みます。

羊毛の外から中央へと縦に手を動かしてこすります始めはなでるようにやさしくこすりましょう。
※中央から外へこすると 周囲がビロビロになってしまう事があります

固形石けんを付けながらこするのもよいでしょう。
どんどん泡立っていくので、どんどん泡を取っていきます。

お湯が冷めて冷たくなったら、水を絞って、またぬるま湯をかけます。

さめてきたら熱湯をくり返しかけて、擦ってをくり返します。

表面の繊維がずれなくなったら、並べた羊毛の流れに沿って体重をかけて強くこすってフェルト化します。
端や縁は、綺麗になりにくいので、気を付けてしっかりこすり整えましょう。

表面が落ち着いてきたら、ネットを外し(ネットに毛が絡むので、ゆっくりと)更に力を入れて、手のひらで摩擦する。

表面の羊毛が動かなくなり表面をつまんで、全体が持ち上がる程度になったら裏返し、反対側もネットを上から被せ同じくしっかりこすってフェルト化します。

フェルト面が適度に洗剤水で うるおっていないといけないので 時々洗剤水をかけな がらこすります。お湯や石鹸液が、多過ぎても少な過ぎてもフェルト化しにくい。お湯が少ないようであったらお湯を、石鹸が少ないようであったら石鹸を、それぞれどの時点で追加してもよい。多過ぎた場合には、手で押して水分や泡を取り除く。   
擦りながら、手の加減で、形を整えて行きます。

こすって行くうちに小さくなるので、目標の大きさに近づいたら一旦擦るのは止めます。
裏側も動かなくなり、指でフェルト面を押してみて指に羊毛がつかなくなったら、めん棒を使いのり巻きのように、ぐるぐる巻きにし、洗濯板などの上で平均に方向を変えながら擦ったり、揉んだりしてフェルト化させる。

縁は、最後にハサミで切って、整えてもよいが切った所に石鹸液をつけて、更に摩擦し、フェルト化させて仕上げる。

??仕上げに、フエルトの固さはお好みで、もういいかな、と思ったらぬるま湯又は水を張ったおけに出来た布地を入れよくすすぎ、折り畳みながら軽く脱水します。※ねじりしぼりは厳禁

開いて形を整えてネットなどの上で一昼夜陰干して乾燥させ出来上がり。

表面を滑らかにするには 半乾きの時に アイロンをかけます。

乾いてからでもまだ柔らかいなと思ったら、くり返し擦るとどんどん固くなります。




機械で圧縮しているフェルトとは異なり、「手」で形を整えて作るため、生地の厚みにモコモコとした感触があり、同じ様に作っても少しずつ違う雰囲気になります。

「きっちり・かっちり・どれも全く同じ」、ではなく「ゆったり・ほんわり・どれも少しずつ違う」。

それが、ハンドメイドのフェルトならではの味わいと面白さです。
その風合い、気に入って楽しんで頂ければと思っています。
できあがったフェルトを使って、カバンやぬいぐるみなど、いろいろな物をつくってみてください。