フェルト玉の作り方その3

・ガチャガポンのプラスチックケースを使った、フェルトボールの作り方その1

・コロコロと転がしす、フェルトボールの作り方その2

の続きで今回はニードルを使った、フェルト玉の作り方です。

ニードルを使った作り方には、????で作ったフェルト玉、発泡スチロール、余った毛糸や布を丸めたものを心材にした作り方もあります。

心材を使った作り方は、心材の上に薄く羊毛を重ねて行って、ニードルでチクチクさして行きます。

心材を使わない場合は、??の時と一緒で先ず大体の大きさで羊毛を丸く形を整えます。

それから優しく手にくるんだら、はみ出したところをニードルでチクチク刺して形を作っていきます。

この時、深く刺すと中まで硬く、表面だけ刺すと中はフワフワの柔らかいフェルト玉になります。

最初の内は、下まで針が突き抜けてしまうと思うので、この時は十分に刺しすぎて手まで刺してしまわない様に気を付けましょう。

なんどかニードルで刺したらむきを変えて回しながら形を整えます。

また、同じところばかり刺しすぎると、そこだけ硬くなってしまいますので注意です。

後は以上のことをふまえて、心材を使った作り方も同様に、目的の大きさになるまで、チクチクひたすら刺していくだけです。

途中に形が崩れたり、バランスが悪くなったら、その部分に羊毛を足してニードルでチクチク刺してくださいね。

また、心材に鈴を入れたりすれば、転がすたびにカワイイ音がして良いですよ。

サイズてきのも赤ちゃんや、ペットもオモチャとして最適な物が出来るとおもいますので是非チャレンジしてみてくださいね^^